スポンサードリンク

健康を損なわず、お金をかけずに楽しめるオススメ趣味5選

 

f:id:takoyakitanosiku:20180827233026p:plain

 
 どうも、タコヤキです。

 お金ありませんね〜*1

 とは言え、お金がある状態でも、使いまくったらお金は消えていきます。
(当たり前だけど)

 

 働いて稼いで、そのお金をたくさん使ってストレス解消したりするのは、
なんだか何のために生きているのかわからなくなりますよね。

 とは言っても、だったら収入増やせばいいじゃん、って言われて簡単に増えるわけでもないです。

 そこで、お金をかけなくて、健康を害さずに楽しめる趣味を持つことがオススメです。無理にお金をかけなくてもすむ趣味を見つけろ!というわけではないですが、お金がかからない趣味を持っている人は貯金めっちゃ貯まります。他の趣味に費やすお金も増えますね。

 よく散財してお金がない!って人は参考までに読んでみて下さい。

 

①筋トレ

 ジム行くっていう方法もあるんですが、筋トレは自室でも十分にできます。健康にもよく、精神面にも効果がありです。

 とは言っても、いきなり腕立てや腹筋っていうのも、モチベーションが上がらないと思うので、手軽に買える筋トレグッズを紹介しときます。

 まずは、「バランスボール」。

 

 

 腹筋、腕立てなんでも応用できる筋トレ道具兼健康グッズです。2000円くらいで買えちゃうのがポイント。コスパめっちゃいいと思います。デメリットは部屋に置くスペースですが、そこは自室の広さと相談して決めて下さい。

 

 2つ目は「チューブ」。

 

 

 腕とか鍛えるやつですね。これも手軽に購入できます。
 これならテレビとかyoutubeを見ながらとかもできるので、暇つぶしがてら筋トレすることが可能です。値段も手軽。映画見ながら僕もやってます。これもコスパ良いです。 

②読書

 定番ですが、やっぱり読書はコスパがいいです。本屋やアマゾンで買うよりお金をセーブするなら、図書館がオススメです。知識も増えてお金がかからないなんて、素晴らしいの一言。

 普通に書店で買う場合でも、読んで、重要点をメモとかしといて、売れば、数百円程度の支出にしかなりません。

 電子書籍も良いんですが、売れないってところが痛い。電子書籍はセールを積極的に狙いましょう。ちなみに電子書籍はkindlewhitepaperが最高です。ちょっとお高いですが、元は取れると思います。

 

③映画鑑賞

 僕が最も好きなものですね。

 最近は映画館に行ったり、DVDをレンタルするよりも動画配信サイトで見るのが一般的になりました。月額登録制で何本でも、映画やドラマ、アニメが見れちゃうすごいサービス。

 映画やアニメが好きな人は活用しない手はありません。

 「ネットフリックス」や「アマゾンプライム」など、色々ありますが、様々な特典がある「アマゾンプライム」がオススメです。月額500円以下で、いろんな映像作品を楽しめちゃいます。インドア系にとっては天国みたいなサービスです。

 

④瞑想、ヨガ

 スピリチュアル系のイメージがありますが、最近はかなり科学的でメジャーになってきました。普段イライラしていることが多い人にオススメです。最近僕もはじめました。寝付きもよくなり、日常のストレスも減って良いことだらけです。

 グーグルでも取り入れてるし、忙しい現代人にとっては、うまく休めることがすごい価値になっていると思います。

 肉体的健康も精神的健康も得られれば、それは凄まじい価値です。とてもお金では換算できません。瞑想はそんな充足感を与えてくれると思います。一日数十分から始められるので、ぜひ試しにやってみましょう。下の本が導入でオススメです。

「世界のエリートがやっている 最高の休息方法」

 

「1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想入門」*CD付き


⑤ゲーム

 以外かと思われるかもしれませんが、色々と工夫するとめちゃくちゃ安くゲームは遊べます。あんまり推奨しませんが、スマホゲームは課金しなければタダです。

 他にも古いゲーム機を買えば、格安でゲームが遊べます。最近はメガドライブミニとかで、数十種類のゲームが遊べるのでかなりお得です。

 比較的新しいゲームでも遊び終わった後にソフトをメルカリで売れば、価値が急落しない限りそこそこの値段で売れます。

 ゲーム本体代という初期費用さえクリアしてしまえば、飲み会などよりもはるかに低燃費で楽しむことが可能です。

 

 いかがでしたでしょうか。参考になったら嬉しいです。

 他にも生活を楽にするグッズも紹介しています。興味がありましたら、ぜひ読んでみて下さい。▼

www.takoyaki-blog.com

 

それでは、また。

*1: