スポンサードリンク

ロバート・ゼメキス監督によるファンタジー・ホラー映画『永遠に美しく・・・』感想

 

f:id:takoyakitanosiku:20181015101045j:plain


 どうも、タコヤキです。

 久々の更新です。こんな感じで更新していきたいなと思っております。

 

 今回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『マリアンヌ』の監督を務めているロバート・ゼメキス監督の『永遠に美しく・・・』という映画です。

 

 

Amazonビデオ見るならここから

 

 

 とても変わった映画ですが、一度見たら忘れられないような内容。
 ジャンルもカテゴライズするのが難しくて、ファンタジーとホラーを混ぜ合わせた感じです。

 

 ファンタジーやホラーが好きな人はぜひ見てみてください。
 ロバート・ゼメキス監督の映画はハズレがマジで少ないのでオススメですよ。


基本情報

 『永遠(とわ)に美しく・・・』
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:マーティン・ドノヴァン
   デヴィッド・コープジュラシック・パークパニック・ルーム
製作:ロバート・ゼメキス
   スティーヴ・スターキー(リアル・スティールスター・ウォーズep5、6)
出演者:メリル・ストリーププラダを着た悪魔クレイマー、クレイマー
    ゴールディ・ホーン(続・激突!/カージャック、サボテンの花
    ブルース・ウィリスダイ・ハード、RED)
音楽:アラン・シルヴェストリフォレスト・ガンプ、マリアンヌ)
上映時間:104分
公開日:1992年

 

簡単なあらすじ

 落ち目の女優であるマデリーンの元に旧友のヘレンが彼女の元を訪れる。ヘレンは有名な美容外科医のアーネストと結婚していた。
 マデリーンはアーネストを誘惑して、ヘレンからアーネストを奪って結婚する。失意のヘレンは激太りして、7年の月日を重ねてしまう。
 さらに7年後、マデリーンの元にヘレンが現れた。なんとヘレンは若い頃のように若返っていた。嫉妬心から自分も若返りたいというマデリーンは謎の美女、リスルに出会う。

 


『永遠に美しく・・・』の見どころ
・奇想天外なストーリー
・変わった映像美
・ファンタジーとホラーという超ジャンル

 

こんな人にオススメ!
・奇抜なストーリーが好きな人
ロバート・ゼメキス監督が好きな人
・ファンタジーやホラー映画が好きな人

 

こんな人には向いていないかも
・現実的な映画が好きな人
・激しいアクションを求めている人

 

こんな作品が好きな人にオススメ!
・『パンズ・ラビリンス
・『シャイニング』
・『怪物はささやく

www.takoyaki-blog.com

 


感想:脳裏に焼き付く映像とストーリー!最後まで目が離せない!

 

 まず、ロバート・ゼメキスの多才にさに驚かされるばかりです。


 他のゼメキス監督の作品と比べると奇想天外的な感じなんですけど、シナリオもギャグもホラーも包括したファンタジー映画となっています。

 

 逆に色々詰め込みすぎた感もなくはないんですけど、それでも完全に僕好みのダーク・ファンタジーでホラーでした。

 

 ポスターでもあのお腹の穴は目につきますよね。

 ギャグを織り交ぜながらもあの女性たちの醜い争いが楽しく見れます。

 

 最初は憎み合っていた2人が永遠に美しくありたいという動機から、腐れ縁のようなもので結びつき、永遠にお互いを必要として、体がバラバラになったとしても永遠にいがみ合う関係となったのはすごい皮肉で歪つ。

 

 そんな歪つな関係と引き換えに、永遠の美しさ?を手に入れた2人と人生をしっかりやり直して美しく生きたアーネスト。

 

 果たしてどちらの方がいいんですかね。

 永遠に続く美しさなんて不気味さと醜悪さしかないと思いますけどね、僕は。

 

 終わり方もカタルシスもあるし、皮肉も込められていてよかったです。

 

 この映画のいいところって、見ていて飽きないところなんですよね。

 常にどうなるのかわからないワクワク感がありますし、中だるみするところではギャグを織り交ぜたりしているので、飽きることが少ないです。

 

 ジャンル的に受け付けないっていう人以外には、基本的にはつまらなく感じることはないのではないでしょうか。

 

 永遠に残しておきたい作品でした。面白かったです!

 

 今回は以上です。

ーそれでは、また。