スポンサードリンク

熱量と映画愛が凝縮!コメディゾンビ映画「カメラを止めるな!」感想

f:id:takoyakitanosiku:20180821111631j:plain

 

 どうも、タコヤキです。

 

 ブログなかなか更新できなくてすいませんでしたー。
 徹夜や出勤が色々重なり疲れ果ててたんです。

 

 でも気力を振り絞って見てきました。
 話題作カメラを止めるな!を。


 もうね、、、
 素晴らしいほどの熱量と映画愛が込められています。


 上映後は思わず膝を打ってしまいました。やっぱ映画って最高!そんな風に思わせてくれるような作品でした。


 ネタバレはしません!
 ぜひ劇場で見てください!

 

予告映像


異色ゾンビ映画『カメラを止めるな!』最新予告が公開 - シネマトゥデイ


基本情報

カメラを止めるな!
監督:上田慎一郎
脚本:上田慎一郎
編集:上田慎一郎
制作:吉田幸之助
出演:濱津隆之 (アジェについて)
   真魚 (退屈な日にさようならを)
   しゅはまはるみ (しとやかな獣)
   長屋和彰 (FUKUSHIMA DAY)
   細井学 (花とアリス殺人事件)
   市原洋 (ダムドガールズキャバレークラブ)
   山﨑俊太郎 
   大沢真一郎 (DIVIDE ディバイド)
   竹原芳子 
   浅森咲希奈 
   吉田美紀 
   合田純奈 
   秋山ゆずき
主題歌:山本真由美『keep Rolling』
上映時間:96分
公開日:2018年6月23日

 

簡単なあらすじ

 とある廃墟でゾンビ映画の撮影が行われていた。そこで、本物のゾンビが襲来してくる。リアルにこだわる映画監督は本気でゾンビから逃げ惑う役者たちを撮影し続ける。そんなインディーズ映画が作られた。の、だがー?

 


カメラを止めるな!」の見所
・ドタバタハートフルゾンビコメディ
・圧倒的に感じる熱量と映画愛
・思わず二度てしまう内容

 


こんな人にオススメ!
・コメディゾンビが好きな人
・映画を愛している人

 


こんな人にはオススメできないかも
・ハリウッド信者

 


こんな作品が好きな人にオススメ!
・ゾンビーノ

www.takoyaki-blog.com
ロンドンゾンビ紀行

www.takoyaki-blog.com


地獄でなぜ悪い

 


感想:映画愛に溢れた創意と工夫の1本!最高でした!


 やばい、マジで最高だった。
 正直、近年の邦画で一番好きです。


 ネタバレは控えます。
 これをネタバレしまくる奴は、終身刑ですよ。マジで。


 「この映画は2度始まる」っていうのは、本当に良いキャッチフレーズだと思う。
 そして、その2度目の後は本当に楽しい。これはもう一度みたくなる。

 

 「あぁ、そういうことだったのか~」

 

 という答え合わせ的なことをやりつつ、コメディがノンストップで展開されます。
 この答えあわせがメチャクチャ楽しいんですよ。会場からはもうところどころで笑いが込み上げてました(笑)


 あのシーンはこういうことだったのか、
 そういう事情があったのか、
 それが次々と明かになっていくのが楽しい。しかもすさまじいドタバタ感。
 疾走感と爽快感もたまらない。


 思わず僕もひざを何回打ったことか。

 


 けど、これただ楽しいだけの映画じゃないってところも最高なんです!

 

 ところどころで創作愛を感じるシーンがたくさんあるんです。
 監督の情熱とか、役者のこだわりとか。スタッフのがんばり具合とか。

 

 そういった小さいけど情熱が伝わるシーンがたくさんある。
 それが本当にエモい。最高。

 

 そういう積み重ねが、「この映画最高!」ってなる一番の要因。
 本当に映画好きにはたまらないと思いますよ。

 


 この映画すごい低予算で作られているんですけど、なんと300万ほどだそうです。Tシャツとか衣装も全部手作り。


 役者の人もほとんど無名ですね。だからこそ監督の意思が思いっきり反映できた、という面もありますが。


 変なジャニーズの漫画実写化とか量産しないで、こういう作品が増えていって欲しい。こういう映画愛で溢れた人にちゃんと支援できるような環境が整えられていって欲しいと思います。

 


   それにしてもこの映画はネタバレできないので、具体的にはいえないところが辛いっすね(笑)すでに見た人と存分に語り合いです。

 

とにかくみんな早く映画館で見て!

 

映画見放題サイトはこちらから。今なら1ヶ月無料です。▼

 

勝手な人物評


・監督

 夢と現実の狭間でもがいているが、現実にやられているような人。思わず反抗的な態度にでるところがとても愛おしい。すげーがんばり屋。苦労人。


・監督の妻

 色々とすごい人。作中で1位を争うほど面白い人。「ポンッ!」


・監督の娘

 将来有望な子。情熱的すぎてイイネ!

 

・若い男役

 エリートっぽさがにじみ出る人。理屈マン。坊やだからさ。


若い女

 その涙は本物か?でもビビリすぎじゃね?


・アル中

 お酒はほどほどにしましょう。


・若い助監督役(メガネ)

 ○○シャワーを浴びたけど、ちゃんと戦う強い子。こんな先輩いるわ。


・録音マン。坊主っていうかスキンヘッドに近い人

 緑茶持ってきたら、濃い味しか飲まないとか言ってきそうな人。
 脱○マン。色々と放送事故。

 

・プロデューサー

 なんか偉そうだけど、適当。IT系の会社に1人はいそうなキャラ。

 

・プロデューサー(多分一番偉い人)

 適当すぎww

 

・帽子被ったAD

 真面目な人。しっかりしてる。司令塔。

 

・メガネかけたスタッフ(カメラ)
 
 可愛い

 

今回は以上です。
ーそれでは、また。