スポンサードリンク

健康を損なわず、お金をかけずに楽しめるオススメ趣味5選

 

f:id:takoyakitanosiku:20180827233026p:plain

 
 どうも、タコヤキです。

 お金ありませんね〜*1

 とは言え、お金がある状態でも、使いまくったらお金は消えていきます。
(当たり前だけど)

 

 働いて稼いで、そのお金をたくさん使ってストレス解消したりするのは、
なんだか何のために生きているのかわからなくなりますよね。

 とは言っても、だったら収入増やせばいいじゃん、って言われて簡単に増えるわけでもないです。

 そこで、お金をかけなくて、健康を害さずに楽しめる趣味を持つことがオススメです。無理にお金をかけなくてもすむ趣味を見つけろ!というわけではないですが、お金がかからない趣味を持っている人は貯金めっちゃ貯まります。他の趣味に費やすお金も増えますね。

 よく散財してお金がない!って人は参考までに読んでみて下さい。

 

①筋トレ

 ジム行くっていう方法もあるんですが、筋トレは自室でも十分にできます。健康にもよく、精神面にも効果がありです。

 とは言っても、いきなり腕立てや腹筋っていうのも、モチベーションが上がらないと思うので、手軽に買える筋トレグッズを紹介しときます。

 まずは、「バランスボール」。

 

 

 腹筋、腕立てなんでも応用できる筋トレ道具兼健康グッズです。2000円くらいで買えちゃうのがポイント。コスパめっちゃいいと思います。デメリットは部屋に置くスペースですが、そこは自室の広さと相談して決めて下さい。

 

 2つ目は「チューブ」。

 

 

 腕とか鍛えるやつですね。これも手軽に購入できます。
 これならテレビとかyoutubeを見ながらとかもできるので、暇つぶしがてら筋トレすることが可能です。値段も手軽。映画見ながら僕もやってます。これもコスパ良いです。 

②読書

 定番ですが、やっぱり読書はコスパがいいです。本屋やアマゾンで買うよりお金をセーブするなら、図書館がオススメです。知識も増えてお金がかからないなんて、素晴らしいの一言。

 普通に書店で買う場合でも、読んで、重要点をメモとかしといて、売れば、数百円程度の支出にしかなりません。

 電子書籍も良いんですが、売れないってところが痛い。電子書籍はセールを積極的に狙いましょう。ちなみに電子書籍はkindlewhitepaperが最高です。ちょっとお高いですが、元は取れると思います。

 

③映画鑑賞

 僕が最も好きなものですね。

 最近は映画館に行ったり、DVDをレンタルするよりも動画配信サイトで見るのが一般的になりました。月額登録制で何本でも、映画やドラマ、アニメが見れちゃうすごいサービス。

 映画やアニメが好きな人は活用しない手はありません。

 「ネットフリックス」や「アマゾンプライム」など、色々ありますが、様々な特典がある「アマゾンプライム」がオススメです。月額500円以下で、いろんな映像作品を楽しめちゃいます。インドア系にとっては天国みたいなサービスです。

 

④瞑想、ヨガ

 スピリチュアル系のイメージがありますが、最近はかなり科学的でメジャーになってきました。普段イライラしていることが多い人にオススメです。最近僕もはじめました。寝付きもよくなり、日常のストレスも減って良いことだらけです。

 グーグルでも取り入れてるし、忙しい現代人にとっては、うまく休めることがすごい価値になっていると思います。

 肉体的健康も精神的健康も得られれば、それは凄まじい価値です。とてもお金では換算できません。瞑想はそんな充足感を与えてくれると思います。一日数十分から始められるので、ぜひ試しにやってみましょう。下の本が導入でオススメです。

「世界のエリートがやっている 最高の休息方法」

 

「1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想入門」*CD付き


⑤ゲーム

 以外かと思われるかもしれませんが、色々と工夫するとめちゃくちゃ安くゲームは遊べます。あんまり推奨しませんが、スマホゲームは課金しなければタダです。

 他にも古いゲーム機を買えば、格安でゲームが遊べます。最近はメガドライブミニとかで、数十種類のゲームが遊べるのでかなりお得です。

 比較的新しいゲームでも遊び終わった後にソフトをメルカリで売れば、価値が急落しない限りそこそこの値段で売れます。

 ゲーム本体代という初期費用さえクリアしてしまえば、飲み会などよりもはるかに低燃費で楽しむことが可能です。

 

 いかがでしたでしょうか。参考になったら嬉しいです。

 他にも生活を楽にするグッズも紹介しています。興味がありましたら、ぜひ読んでみて下さい。▼

www.takoyaki-blog.com

 

それでは、また。

*1:

生活を楽にするオススメのアイテム。生活を改善してみましょう。

 

f:id:takoyakitanosiku:20190407215112j:plain

 

 どうも、タコヤキです。
 働いて何年かたったので、それなりにまとまったお金ができました。

 特にお金の使いたいという気持ちはなかったのですが、生活は楽にしたいな。と思い、よさげなアイテムをいくつか買いました。

 生活を楽にするアイテムを買うと、日々のイライラも少なくなりますし、仕事もプライベートも質が高まります。

 普段お金はあんまり使わない僕ですが、生活の質を高められるようなものにはお金を出していいと思いました。

 というわけで、手軽な値段買えて生活の質が上がるものを紹介しますね。

 

①アロマ

 

f:id:takoyakitanosiku:20190407215112j:plain

 

 メッチャ手軽ながら、効果もある一品。熟睡効果や疲労回復、集中力アップが期待できます。アロマは高いものを想像するかもしれませんが、実はDAISOで100円で売ってるのです笑。しかも、エッセンスだけでも十分使用可能。

 オススメの香りは「ラベンダー」と「ペパーミント」。

 

 

 「ラベンダー」は、寝室に炊くとよく眠れるようになります。疲れてる時にいいですね。写真の通りに僕は線香のやつを買ってみました。これ、量が半端ないです。多分1年で使いきれるかどうかレベル。100円だし。

 「ペパーミント」は集中力を高めてくれます。勉強する部屋や、作業する部屋で炊くのがオススメ。

 アロマの使用方法は簡単にティッシュにエッセンスを含ませて嗅ぐでもOK。ちょっとお洒落なものならアロマストーンが安くて持ち運びも出来るのでオススメです。これ1つでかなり長い期間使用できます。アロマオイルとセットで売っていので、プレゼントとしても優秀です。(下はペパーミントとストーンのセット)

 

 

②加湿器 Joy house

 

 

 2月にインフルエンザにかかり、反省して購入に踏み切りました。
 部屋が小さいので、小さな加湿器を探して出会ったのがこれ。500mlレベルの大きさで、水を入れてボタンを押すだけという超簡単仕様。しかも、水性アロマを混ぜればアロマ加湿器にも変身する。

 とにかく使い勝手が良く、小さいので他の部屋に移動させるのも楽です。無論、稼働時の音は静か。居間とかに置く場合はもうちょい大きい物が必要ですが、自室ならこれくらいでも十分かと。

 

サーモスの魔法瓶

 

 

 子供の頃から水筒にはお世話になるけど、サーモスの魔法瓶は今までで一番だと感じました。保温保冷に優れていて、朝7時くらいにいれたコーヒーが17時くらいまで保温が効いていた。熱すぎる場合は、コップに注いでから飲まないと火傷するレベル。

 仕事でも使えるし、自宅ではカモミールティーパックを入れて、コップに注いで飲んでいます。デザインもスッキリしていて洗練されてるところも好み。

 

④Naipoのマッサージ枕

 

 

 この値段でこの機能はいいのか?っていいほど良いマッサージ機。赤い丸がぐるぐる回って、ツボを刺激してくれます。汎用性が高く、工夫次第で様々な部位に当てられるのが強み。足や手まで使用できます。

 自分は肩こりがひどいので、毎朝出勤前と寝る前に肩と腰をほぐします。これでだいぶ体が軽くなったので、肩こりや腰痛に悩んでいる人は、絶対に購入した方が良いです。

 マジで、弱点はコードレスじゃないところくらい。ちなみに、付属品のコードで車でも使用することが可能。

 

⑤腰痛対策クッション

 

 

 人体工学に基づいて設計されたというクッション。思っていた以上に大きいが、効果はてきめん。シンプルなデザインで、車でも使える。腰痛持ちの人は、絶対に購入した方がいいです。快適度が全然違う。

 

微妙だったもの

おまけコーナーです。よければ見ていってくださいね。

PLAYBULB candle 

 

 電気スタンド代わりになればいいな。と思って購入しましたが、いかんせん光が弱くて電気スタンドとしては向いてませんでした。スマホのアプリで色を操作でき、息を吹きかけると光が消えるというお洒落なキャンドル。
 インテリア、プレゼント向きの商品です。実用性は低いと思います。


 まだ、もう少し買おうと思うので、順次更新予定です。また更新すると思うので、よろしくお願いします。

 

2018年買ってよかったものリストです。よければこちらも見てみてください。▼

www.takoyaki-blog.com

  

 それでは、また。

【書評】村田沙耶香さんの「コンビニ人間」はマイノリティに刺さるエグい作品

 

f:id:takoyakitanosiku:20190312230425j:plain

 どうも、タコヤキです。
 またまた久しぶりの更新です。

 冬は駄目ですね。気力とかすべてもってかれます。仕事もちょっと忙しかったですが、ようやく更新できました。もうちょっと、更新頻度上げれるようにがんばります。

 今回は村田沙耶香さんのコンビニ人間という小説の感想です。

 


 いやー、これは心にぶっ刺さる人には、ぶっ刺さります。逆に刺さらない人はマジで、理解できないのではないでしょうか。

 刺さらない人は恐らく、現実でそこそこなんとかやっていけてるような人な気がします。「コンビニ人間」が刺さる人は、どこか似たようなものを抱えている人でしょう。
僕もそんなものを抱えた人間の一人です。

コンビニ人間」が刺さった人はちょっと寄って、読んでみて下さい。

・「コンビニ人間」の見ている世界

 僕自身はなんとかサラリーマンをやれているわけだけど、「コンビニ人間」の主人公は、本当にコンビニだけにしか社会の接点が作れないような人でした。

 普通というものを世間というものは、やけに信仰していて、普通に近づけない人は異端者として排除される。僕も似たようなことを感じたことがあります。

 ここまでは、よくある話なんですが本作の主人公は、本当に個人や自己というものが不在で、まさにロボットのような人間。彼女の居場所はマニュアル化されて、オートマチックに回っていくコンビニしか、社会に接続されるところがなかったのです。コンビニだけが彼女を社会の一員でいられる場所であった。

 だからプライベートな質問をされると彼女はどんどんバグを出していきます。プライベートの彼女は何者でもなく、空虚な生物です。実際にコンビニ店員以外の彼女の主観は、徹底して自分も他人も一生物としか見ていません。多分ですけど、動く肉の塊ぐらいの認識なのではないでしょうか。

 彼女はコンビニだと、コンビニを回す歯車として自分も他人もコンビニの一部として認識することができます。それは、マニュアル化されて役割も存在意義もはっきりしている世界です。役割がはっきりしているから、彼女は部品としてやり過ごすことができました。

 一方、プライベートの彼女の世界はとにかく空虚。何のために他人がいるかも理解できないような認識です。妹との関係やコンビニ働く上で、面倒なことになるから、世間が求めているような「普通像」を演じています。彼女にとって、他人は本当に意味のない存在でしかないのでしょう。

 

 要するに、彼女にとって他人の存在は全く価値のないもの。


 彼女が理解でき、演じられる役割はコンビニ店員だけだったのです。
 だから彼女の世界は、コンビニを中心に回っています。コンビニは彼女に役割を与える存在。彼女にとって、コンビニは神といっても差し支えないでしょう。 

・普通側にいくこと

 コンビニ人間のような人間は、リアルの世界でも一定数いると思います。
 多様性とか個人の時代とか言ってますが、人間は流されやすい生き物なので、普通という多数決的な概念は人間である限り消えることはないのではないかと思います。

 いわゆる世間で問題なくやっていける普通の人々が自然と作り出す概念。そういった多数決による様式の暴力と煩わしさは、思い当たる人なら誰しも感じたことのあるものだと思います。

 その普通にうんざりして、普通から大きく外れる人もいれば、先天的に不可能な人もいる。普通に近づく努力をして、壊れてしまう人も少なくない。

 

 普通側に行くことは、本当に難しくて苦しく、煩わしい。

 

 そんなことを感じている人間に、普通側の人間は容赦なんてしない。自分たちで勝手にルールを作り、裁判を始める。本作では人生を強姦すると表現しているが、案外的を得ているのではないかと思う。

 普通ってやつらの靴を舐めなくても生きていける人は、何か能力的に突出していて、それが社会的に価値あるものなんだと思う。
 けど、そういったものを持っていない人たちは、普通ってやつらの靴を舐めて尻尾を振らなければ、生きることはハードになる。中には死んだ方が楽って人もいるだろう。

 僕は普通ってやつの靴を必死に舐めて生きてきた方の人間だ。なんでそうしたかっていうと、それがなんとかできて、尚且つそれでやっていけたからだ。今でもギリギリ普通をやれていると思う。

 煩わしさは確かにある。

 仕事によってはまさにコンビニ人間のような感じになってしまう場合もあるだろう。自分も何か違っていたら、普通ってやつに殺されていたのかもしれない。

コンビニ人間に近い人たちはどう生きるか

 コンビニ人間に近い人たちは、多分だけど社会の日陰者が多い。とは言っても、最近はネットのおかげで、コンビニ人間っぽい人が活躍したり、なんとか生活できるパターンも増えてきたと思う。依然として日陰者には変わりないけど。

 けど、それでいいのではないかと思う。
 コンビニ人間に近い人は、普通ってやつが駄目なのだから、光が当たるようなところで活躍しても、なんかその人は辛さを感じてしまうのではないかと思う。

 コンビニ人間に近い人に必要なのは、ある程度の絶対ラインかなと思う。
 こっから先は踏み込んでいいけど、これより先はマジで止めて。みたいな。

 

 自分は他人との相互理解なんてあり得ないと思っている。


 けど、他人を理解できなくても、そっとしておいたり、仕事を回すことは不可能じゃない。そのためには多くの人が妥協しなければいけない問題があるが。

 

 だけど、むしろそれこそが人類の知恵ってやつなのではないかと思う。


 妥協することで不満が募ったりするかもしれないけど、ボコボコに排除される人間が減るのならそれでいいのではないか。幸せは他のところでも見いだせると思うし。

 だから普通側の人たちにお願いしたいのは、裁かないでくれ。そして、あんまり普通とかそういうものを求めないでほしい。認めなくてもいいから、許してほしい。

 

 けど、そんな都合のいい話は中々ない。


 だから、僕らも普通ってやつの靴を舐める努力は必要な気がする。
 その行為は決して、喜ばしいことじゃないけど、コンビニ人間のような人たちが静かにやっていくためには、ある程度必要なことだと思う。

 許されるのなら、そんな辛さを味わうことなく、静かに生きていたいのだけど。けど、現状やっていくしかないんだと思う。
 

 今回は以上です。

 ーそれでは、また。

 

 
 
 

 
 

 

2019年第13回ニート祭りにまた参加したのでレポ

f:id:takoyakitanosiku:20190217110921j:plain



 どうも、タコヤキです。
 年明けてからブログ更新できずにいました。

  正直冬はダメですね。普通に仕事してるだけでしんどい。精神的にも肉体的にもよくない。光熱費も高い。おまけにインフルエンザにもなったし。

  さて、2月10日はニートの日、というわけでニート祭りに行ってきました。場所は池尻大橋。(遠E)

 ニート祭りって何なの?って疑問をお持ちの方はこちらの記事をご覧ください。去年のニート祭りのレポです。▼

www.takoyaki-blog.com

 
今回のニート祭りのゲストは、
・若新さん(ニート株式会社発起人)
・葉梨はじめさん(山奥ニート)
・木本一颯さん(シェアハウス「いろり亭」運営)
・セシリア&チュン太郎さん(レンタルお姉さん、元水泳指導員)

*セシリアさんは当日体調不良で、お休みでした。お大事になさって下さい。

 今回も前半はゆるい朗読劇、後半はゲストによるトークセッションという流れ。年々参加する人が増えてるそうです。(やったね!)

 朗読劇は去年よりも面白さが増していて、なんかレベルアップしている感じがしました(笑)後半のトークセッションの方ですが、今回も面白い話が多かったですね。

セーフティーネットについて

 話の前提として、会社をドロップアウトしたからといって、すぐ死に直結するわけではないという印象が強かったです。

 はじめさんも木本さんも生活費がメッチャ安いんです。はじめさんは月2万円以下だし、木本さんのいろり亭は3万くらい。これなら、僕が副業でやってるクラウドソーシングでもなんとかなりそう。

 磐石という訳ではないけど、セーフティーネットは年々色々なものが現れてると思います。ファミマは子ども食堂やるってニュースに出てたし、えらてんさんのお店でも子ども食堂やることになってました。

 駆け込み寺みたいのも出てきたし、廃棄食品を安く食べられる「TABETE」や「ReduceGo」なども盛ん。定額で2食は食べ放題みたいなサービスもあるし。

 完全に大丈夫!とはいい切れないけど、会社勤めしなくても生きていける確率は年々上がってきてると思う。直接金をばら撒いてる訳じゃないけど、ベーシックインカム的な世界には近づいてはいるのではないかと思う。

 セーフティーネットが様々な形で多層的に存在するようになる。そしたら、自分の合う場所をどのように身を寄せるかが大事になると思う。相性合わせが重要ってことです。

自分に合う居場所について

 トークセッションの内容では、ニート株式会社や山奥ニート、いろり亭を運営する上で、どのようにして一緒に住む人を決めている話があった。その中で、はっぱり人間関係のトラブルは少なからずあるそうです。

 そこで、どうしても必要になるのが人を選ぶことになってしまいます。

 山奥ニートは住んでいる場所のアクセスが大変すぎるので、本当に行きたいと思った人しかこないから、必然と価値観が近い人が集まるという話が面白かった。

 一方、ニート株式会社では、ニートであるなら比較的応募しやすい。けど会社を名乗ってるものだからたまに意識が高くバチバチしているような人間が紛れ込んでくるらしい。無論、バチバチしてない人も集まるので、そこでトラブルが起きてしまうとのこと。

 やはり価値観が近い人同士でないと、暮らしというものは大変なんだなと思う。

 いろり亭の話も面白かったです。いろり亭はテナントビルの一室を借りてるらしいけど、違う階でボードゲームのbarをやり始めたのこと。

 これ、僕的にすごい良いと思う。

 働きたくない場合は、シェアハウスでダラダラする。たまに働きたくなったら徒歩数秒のbarで働けるというのは、働くまでのアクセスがほぼゼロだから、面接やらなんやらでつまずきにくい。ビルの区画で働くスペースやダラダラするスペースがあって、全てまとめて1つの生活の場になる。

 これなら、働くコストも生活コストも低燃費で無理なく営んでいけると思う。長屋ならぬ縦長屋みたいな。

 そんな生活の居場所が増えていって、セーフティーネットが多層化して、苦しまずに済む人が増えたらいいなと思う。僕もこういうのに、なんか気軽に参加してみたいけど、良い情報あれば教えて頂きたいです。

 

 最近は具体的な生き方が提示されてきているので、行き詰まっている人はニート祭りに参加してみたら良いヒントが得られるんじゃないのかなと思います。そうじゃなくても、面白いし。興味がある人来年に参加してみてください(開催されれば)

 

それでは、また。
(レポというよりは感想やな)

2018年タコヤキ的おすすめ映画10選(順不同)

 

 

 どうも、タコヤキです。

 2018年も映画楽しませて頂きました。

 

 今年は副業をちょっと頑張っていたので、去年ほど多くの映画は見れなかったです(涙)今後、休みを利用して色々と補完していきます。

 

 とりあえずそれでも良かった映画を10選選びました。ランキングは選べません!無理!今後見るやつで変わるかもしれませんが・・・

 

 仕事が始まる前にぜひ気になるものは見てみてください。



ボヘミアン・ラプソディ

f:id:takoyakitanosiku:20181231173010j:plain


 
自信がクイーンが好きだということで見た映画。

 まさか、あんなに飛ばすとは思っていませんでした。

 

 フレディの孤独な部分とアーティストとしての彼の熱量に涙しかない。

 クイーンをよく知らない人でも最高!って言ってくれる映画ですので、今年1番で見てほしい映画です。

カメラを止めるな!

 

 

 話題となった国産映画。

 映画好きなら嫌いとは言えないのではないだろうか?

 工夫とアイデアで映画はここまで面白くなる。2回みたくなるのは間違いないでしょう。

 映画館でみんな笑っていたのは、良い思い出でした。最高!

 個別記事はこちらから▼

www.takoyaki-blog.com

 

万引き家族

f:id:takoyakitanosiku:20180610193824j:plain


 

 パルム・ドーム賞を取った是枝監督の最新作。

 非常に濃厚で、是枝監督の良いところを凝縮したような映画でした。

 家族のあり方を再考させられます。

 

 しかし、政治的な人たちがあーだこーだ言ってきたことは頂けなかった・・・。

 作品も見ないで批判したり、勝手に政治利用するのは止めていただきたいです。

 個別感想はこちらからどうぞ▼

www.takoyaki-blog.com

 

ジュラシック・ワールド 炎の王国

 

 

 ジュラシック・ワールド待望の続編。シナリオ的にも前作から直接後の話です。

 前作とは変わって話がシリアスな内容になっています。

 

 子供連れの人とかには暗いと不評だったようですが、SF好きな自分としてはかなり好みな内容となっています。

 旧来ファンも新規ファンも見ていただきたい作品。

 個別感想はこちらから▼ 

www.takoyaki-blog.com

 

デッドプール2

 

 

 前作より格段にパワーアップして帰ってきた作品。

 前作よりも笑えて、泣けて、燃える内容となっています。

 

 前作を見ている人は絶対に見たほうがいいです。

 前作見てない人はすぐにみましょう。ヒーローもの好きな人にはたまらないと思うよ。

 

⑥アナイアレイション-全滅領域-(Netflixオリジナル)

 

f:id:takoyakitanosiku:20181231173822j:plain

 

 監督アレックス・ガーランドが制作した、NetflixオリジナルのホラーSF映画

 絶妙な映像美と濃密なシナリオが売りです。

 

 個人的には今年ナンバーワンSF映画です。

 濃厚で本格的なSF映画がみたい人はぜひ見てみてください。

  個別感想はこちらから▼

www.takoyaki-blog.com

 

グレイテスト・ショーマン

 

 

 楽曲の良さが半端ない作品。

 シナリオも王道で大迫力のミュージカル映画

 

 現代のキーワードの1つである多様性を王道のミュージカルと美しい映像で描いた本作はまさしく必見の1本であると断言できます。

 個人的にララランドより好き。

 個別感想はこちらからどうぞ▼

www.takoyaki-blog.com

 

ジュマンジ・ウェルカム・トゥ・ジャングル 

 

 

 昔の映画ジュマンジの正当な後継作品。

 ジュマンジボードゲームでしたが、今回はテレビゲームの世界で冒険です。

 

 キャラクターも個性的で、アバターなどの現代に合わした設定がグッド。

 シナリオも王道的で文句なしで楽しめる作品。

 個人的にジュマンジが好きだったので、今回もいれさせて頂きました。

  個別感想はこちら▼

www.takoyaki-blog.com

 

⑨RAW 少女の目覚め

 

 

 めちゃくちゃヤバイ映画。

 しかし、作り込まれた伏線とシナリオは見ごたえがある。

 

 人を選ぶ作品であることは間違いないが、今年最も衝撃的作品だったのも事実です。

 お茶の間で鑑賞するのは控えたほうが良いでしょう・・・

 

ミッション:インポッシブル//フォールアウト

 

 

 待望の新作ですが、トム・クルーズ様のがんばりっぷりに圧倒させられ、選びました。

 内容自体も面白いですが、トムのアクションには目が離せません。

 

 王道かつ超パワフルな映画となっています。

 ファンなら絶対に見ておくべき作品です。

 個別感想はこちらから▼

www.takoyaki-blog.com

 

これから視聴したいと思ってる映画たち

ウインド・リバー

マンマ・ミーヤ

ペンギン・ハイウェイ

君の名前で僕を呼んで

レッド・スパロー

クワイエット・プレイス

孤狼の血

・デトロイド

・search

女は二度決断する

・バッドジーニアス

・ボーダーライン・ソルジャーズデイズ

犬猿

・判決、二つの希望

・BIRD・BOX

 

 多い・・・

 レンタル待ちなのも多いですね。

 

 正直こんだけ見逃してランキングとか作れないので、ひとまず10選ということで。

 来年も良い映画をたくさんみたいですね。

 

 それでは、よいお年を。

2018年タコヤキが買ってよかったガジェット・生活アイテムおすすめ

 

 どうも、タコヤキです。

 年末ですね。

 

 仕事もそこそこ落ち着いているので、

 今回は2018年に、自身が買ったガジェットや生活アイテムの紹介をしていきます。

 

 どれも役立っているので、結構自信ありです。

 よかったらみていってください。

 

ガジェット系

Chromebook(クロームブック)ASUS Chromebook Flip C101PA

 

 

 めちゃくちゃ使いやすいパソコン。

 グーグルの独自のOSのなので、Windowsのソフトとか使えない。

 だけど、動作の速さや安定性は抜群でコスパ高し。

 

 とりあえずネットに繋げて、検索や動画視聴、文章を書きたいという人におすすめのPCです。

 

 詳しい記事書いてあるので、よければ参考にどうぞ▼

www.takoyaki-blog.com

 

②(ムジナ)mujinaのPCスタンド

 

 

 肩こりや腰痛を軽減するアイテム。

 PCスタンドはでかくて、机に固定させるものがほとんど。

 だけど、このPCスタンドは持ち運びが可能で軽い。手のひらで持てるほど。

 カフェとかでPC作業する人にはうってつけのスタンドです。

 

 僕は会社と家両方で愛用しています。

 サイズが小さいPCにおすすめ。

 

 レビュー記事あるので参考にどうぞ▼  

www.takoyaki-blog.com

 

③iWALK超小型 モバイルバッテリー 3300mAh

 

 

 地震対策用に買ったけど日常でも十分に役立つ。

 ケーブルが必要ないってのがいい。

 しかもサイズはリップクリームほど。持ち運びやすいです。

 

 充電は1回分くらいしかできないけど、そもそもそんなに充電しなくね?

 ということで小さめで安価なやつを探してたら、これに出会いました。

 ただiphone用のみなのでそこは注意。

 

 レビュー記事はこちらから▼ 

www.takoyaki-blog.com

 

④Fire TV Stick

 

 

 なんでもっと早く買わなかったんだろうと悔やんだ一品。

 「Netflix」と「AmazonPrime」が両方見れる。U-NEXTとかも。

 

 同じようなやつにクロームキャストってやつがあるんだけど、クロームキャストはAmazonprimeは非対応。

 (PC画面テレビに移せるから見れないこともないけど画質が落ちる)

 よって、Fire TV Stickに切り替えました。

 最近は4K版が出ているので、これからの進化に期待。

 (4Kモニタ置く場所がない泣)

 

⑤Echo Dot (エコードット)第3世代

 

 

 噂のスマートスピーカー

 面白半分で買ったけど、思ったよりすごい。音声入力の精度もSiriとかよりずっといい。 朝のニュースとか天気とか声かけるだけで、垂れ流してくれるのは未来感ある。

 

 しかし、まだ使用用途が限定的なのがネックかも。

 データ蓄積して学習していくらしいので、今後に期待。

 なんかAmazonが医療に手を出し始めたみたいなニュース聞いたので、スマートスピーカーによる問診とかできるようになるかも。

 

 価格も安くなってきているので、おもちゃとしても楽しい。

 俺より両親に人気だった。

 

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GB

 

 

 両親のプレゼントで買ったもの。

 俺の両親はIT機器めちゃくちゃ苦手で、スマホとか触りたくねぇレベルなんだけど、

 このタブレットは気に入ってくれた。

 検索とゲームしか利用していないけど、それで十分なのだそう。

 

 設定も簡単で安価なので、タブレットスマホ入門用としてなら全然あり。

 おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントにもおすすめ。

 写真や動画の画質はあまり期待しないように。

 

生活用品系

Keciepo 第五世代座布団 低反発クッション 腰楽クッション

 

 

 

 名前長いけど、簡単に言えば「腰痛に効くクッション」です。

 少し大きめなのがネックですが、オフィスでも車でもリビングでも使える一品。

 

 俺は腰痛持ちなので、このクッションの効果は絶大。

 PCスタンドとも合わせて、PCでの作業や勉強が本当に楽ちんになりました。

 値段的にも安価のため、腰痛持ちの人はぜひ試してみてください。

 めっちゃ楽になります。

アイリスプラザ オフィスチェア 肘付

(メッシュ ハイバック S字カーブ 腰サポートバー ロッキング機能 幅59×奥行65×高さ)

 

 

 また名前長いけど、腰に優しい椅子です。

 「良い椅子ほしいけど、そんなに金ねーよ」って人におすすめ。

 組み立ても簡単で、しっかりとした作りなので安心です。

 

 上記のクッションとの相性が抜群すぎ。サイズできにもジャストフィットします。

 クッションと合わせて買いたいなら、この椅子がおすすめです。

 

 弱点をあえて言えば、肘掛けが外に広がらないくらい。あとちょっと重い。



番外:通年でおすすめしているアイテム

 

Kindle Paperwhite電子書籍リーダー(第7世代)、Wi-Fi 、4GB

 

 

 読書好きは絶対に買ったほうがいい。俺はPeperWhiteなしではもう生活できない。

 kindleの中でも、PeperWhiteは別格でおすすめ。

 

 普通のKindleはライト機能はないが、PeperWhiteにはある。

 あと、PeperWhite特有の画面が最高。

 特殊な技術を使っていて、画面の感触が本のようにざらざらしている。

 しかもブルーライトではないので、目が全く疲れない。

 

 最近はより品質の良くなったOasisが出てるけど、ちょっと高め。 

 PeperWhiteはよくセールもやっているので、ぜひチェックしてみてください。



以上です。

それでは、みなさん良いお年を。

来年もよろしくお願いします。

【書評】樺沢紫苑先生「アウトプット大全」は、すべての人におすすめする勉強法の決定本

 

f:id:takoyakitanosiku:20181230152859j:plain


 

 勉強や仕事で伸び悩んでいる人は多いですよね。

 ですが勉強法がインプット、「読書」のみで終わってしまっていないでしょうか。

 勉強も仕事も読書だけするような「インプット」中心では非常に効率が悪いです。より成果を出すにはアウトプットの方が重要。

 「アウトプット大全」は、脳科学に裏付けされたアウトプットの方法論と根拠が凝縮された、アウトプットによる勉強や仕事論の決定版のような本です。

 学生でも社会人でもアウトプットは簡単にでき、効果は絶大。

 絶対に今後の人生のためになる1冊です!

 

樺沢紫苑「アウトプット大全」Kindle版▼

 

「アウトプット大全」はこんな人におすすめ! 

 

 ・勉強や仕事で伸び悩んでいる人(学生、社会人問わず)

 ・ブログやyoutubeで情報発信をしてみたい、してる人

 ・スキマ時間などで効率よく勉強したい人

 

「アウトプット大全」がおすすめな理由

 

 ・紹介されているアウトプット方法が実践しやすい。

 ・勉強や仕事、学びが超効率的になる。成果もあがる。

 ・めちゃくちゃ読みやすい(永久保存版レベル)

 ・自分の意見をうまく伝えられるようになる



アウトプット大全 感想

 

・そもそもアウトプットとは?

 

 アウトプットとは、自分の得た知識を発信したり使っていくことです。

 具体的な方法は以下のようなこと▼

 

 ・勉強したところの問題を解いてみる。

 ・得た情報や学んだことをブログやSNSで発表してみる

 ・友達や家族に説明したり、議論してみる

 以上のようなことがアウトプットの方法です。

 

 そして、アウトプットはインプットよりも重要。

 インプットは「読書」したり、「授業を聞く」ことでです。学校の座学のような感じですね。

 

 普段の勉強はインプットを中心においている方が多いと思いますが、これをアウトプット中心にしていくことで、学びのスピードが爆速になります。

 

 「アウトプット大全」ではインプットとアウトプットの黄金比「3:7」です。

 

 知識を血肉にして、実際に成果を出すにはアウトプットの方が圧倒的に重要。

 そして、そのアウトプットの方法がわかりやすく具体的に書かれているのが「アウトプット大全」です。

 

・具体的な方法論がわかりやすく書いてある

 

 「アウトプット大全」にはアウトプットの重要性と根拠。

 そして、アウトプットの具体的な方法が紹介されています。

 このアウトプットの具体的な方法がとてもわかりやすいです。

 

 例えば、普段何気なく使っているTwitterなどのSNSをしたアウトプット方法。

 読書や映画の感想などをうまくまとめて、発信する。

 そのコツややり方、フィードバックまでがとてもわかりやすく書かれています。

 

 僕の例ですと、

 

 映画や本の感想をTwitterで簡単にまとめたりするようになりました。こんな感じに。▼

 このようにする方がブログに感想を書く時も、早く記事を仕上げられ、まとまりのある記事にすることができます。何より大事なのが記憶に定着しやすいこと。ある程度時間が経ってしまうと、アウトプットの質は落ちてしまいます。

 上記のような方法が「アウトプット大全」には、わかりやすく書かれているのでスラスラ読みながら実践していくことができます。

 

・すぐに実践に移せるようなアウトプット方法

 

 「アウトプット大全」で紹介されているアウトプットの方法は、すぐに実践に移せるような方法が多いです。

 

 ・具体的な数字を記載した目標の作り方

 ・人に説明や議論する時のコツ(アイコンタクトや加える情報)

 ・上司や部下への褒め方、叱り方。(クッション話法)

 ・プレゼン資料の作り方やアイデアがでるメモの書き方

 ・TO DOリストの活用法、作るタイミング

 

 以上のようなすぐに実行に移せそうな方法がたくさんあります。

 「アウトプット大全」を読んだら、すぐに行動に移してみましょう。

 仕事嫌いの僕でも、やれることが多かったので非常にためになります。

 

・若い人も大人も早く「アウトプット大全」を読むべし

 

 日本の従来の教育は、詰め込みでとにかくインプットしまくるというものでした。

 しかし、現代ではアウトプットの方が圧倒的に重要です。

 もし、若い人でインプット型の勉強を中心にしている人は、一刻も早くアウトプット中心の勉強方法に切り替えた方が良いでしょう。確実に圧倒的に他の人よりも成長できます。

 

 大人の人も早急にアウトプット型の方法や仕事方法に切り替えていくべき。

 「アウトプット大全」では通勤時間などのスキマ時間を利用したアウトプット方法も紹介されています。資格勉強でも教養を高めるためにも、副業にも絶対に役立つはず。

「アウトプット大全」は今の日本人にインストールするべき、必読の1冊です。



自身が実践していくアウトプットまとめ

 

 アウトプット大全を読んで、個人的に実践していく方法をまとめてみました。

 

・見た映画や本は2週間に3回アウトプットする。

 (Twitter、ブログ、人に話す、あるいはNote)

・問題集を中心とした勉強

・会社での人との接し方(挨拶やアイコンタクト)

・レビュー記事構成のテンプレ作り

 

 以上となります。

 会社でも副業でも役立つ具体的な実践方法があるので、どんな人でも参考になる本です。ぜひ実際に「アウトプット大全」を手にとって見てください。

 

まとめ

 

 「アウトプット大全」はこれからの学びには欠かせない1冊です。

 しかも、とても分かりやすく書かれているので教科書として手元に持っていたくなります。

 まさに人生を変える力をもった本だと思いますので、ぜひ「アウトプット大全」を読みアウトプットしていきましょう。

 きっと人生をよりよくしてくれるはずです。

PCに詳しくない人におすすめ!初心者が「Chromebook(クロームブック)」メリット・デメリットを解説!

 

f:id:takoyakitanosiku:20181229174129j:plain


 どうも、タコヤキです。
 最近新しいパソコンを買って、めちゃくちゃ良かったのでレビューします。
 正直、めちゃくちゃ使えますよ!

 

 今回買ったパソコンChromebook(クロームブック)」
 機種はこちらのものを買いました。「ASUS Chromebook Flip C101PA 」
 これで使用してて、特に不便は感じませんでした。

 


 PC買いたいけど、、、

 

 中古は保証もなくセキュリティも不安。
 でもMacSurfaceみたいな高いPCはちょっと・・・。
 とりあえず最低限の機能のPCでいいのに・・・

 

 以上のようなPCを求めている人って多いですよね。
 そのような要望をすべて満たし、おすすめなPCが「Chromebook」です。

 

 パソコンにあまり詳しくない僕が感じた、「Chromebook」のメリット・デメリット。「Chromebook」に合うユーザーなどをまとめましたので、購入の参考にして頂ければと思います。
 

Chromebook(クロームブック)とは?

 

 Chromebookはグーグルが開発したPCです。

 

 WindowsMacとは違い、ChromebookのOSはグーグルの独自のOSが搭載されています。

 だからといって、身構える必要はありません。

 

 ChromebookGoogleアカウントを持っていれば、使用することができます。

 

 Chromebookは、グーグルクロムやGmailが最初から搭載されており、Androidアプリが使用可能。

 しかし、WindowsMacの専用ソフトなどは基本使用できません。

 (とは言っても、グーグルクロムが使用できるので、Yahoo!も問題なく使用可能。ネットサーフィンも特に問題なしです。)

 

大きさはA4のノートくらい▼

f:id:takoyakitanosiku:20181229174250j:plain

 

厚さ▼

f:id:takoyakitanosiku:20181229174548j:plain

Chromebook(クロームブック)のメリット・デメリット

メリット

・パソコン動作が速い!

 

 これが一番のメリットですね。

 Chromebookは動作が非常に速いです。

 そもそもChromebookは、ブラウザしか動作しません。

 そのため、本体にかかる負担が少ないので、本体の性能が高くなくても動作が早くなります。

 動画も安心して見れますよ!

 

・起動まで爆速!操作も簡単!

 

 はい。こちらも速いです。

 動作が速い理由と同じ理由。ブラウザのみしか起動しないので、起動がめちゃくちゃ速いです。

 どれくらい速いかっていうと、5秒〜10秒くらい!(マジです)

 

・データはクラウド管理

 

 基本的なデータはクラウドで管理します。

 写真やテキストファイルは基本的にグーグルドライブやグーグルドキュメントを使用。PC本体に保存するわけではありません。(PCが重くならない!)

 クラウドに保存することで、スマホからでもアクセスすることができます。

 * 一応PC本体にも保存することも可能です。

 

・常に最新のセキュリティ!ウイルスソフトはいらない!

 

 Chromebookにはウイルスソフトを搭載していません。Chromebookは基本的にブラウザのみ機能します。

 そのため、ブラウザのセキュリティが良ければそれでOKです。

 肝心のブラウザのセキュリティは、グーグル側でアップデートされます。

 ブラウザのアップデートは自動で行われるので、使用する側は特になにもしなくても大丈夫!(Windowsはセキュリティソフト買って、インストールしてと大変なのに!)

 

・他の新品PCと比べて安い!

 

 ブラウザしか基本使用しないので、本体には高価な部品が使用されていません。

 そのため、新品でも3万〜4万代。且つネットするのに不自由もない安価なPCが実現しました。

 

Androidアプリが使用可能

 

 ChromebookAndroidアプリが使用可能です。よって、NetflixやAmazonprime、ゲームなども遊ぶことができます。

 LINEやTwitterKindleSkypeなども問題なく使用可能です。

 

タブレットとして使用可能

 

 Chromebookタブレットとして使用できます。

 画面を折りたたむことが可能。画面タッチで操作することもできます。

 

デメリット

WindowsMacのソフトが使えない

 

 Chromebookはグーグル独自のOSを搭載しているので、WindowsMacのソフトは基本的に使用できません。

 つまり、WordやExcelが自由に使えないです。

  とは言っても、ほとんどの機能はグーグルドキュメントやグーグルスプレットシードで代用することができます。

 さらに、グーグルドキュメントやグーグルスプレットシードはWordやExcelのファイルに変換して保存することが可能。

 

 自身はライターを副業でやっており、Wordファイルで納品することがありました。その時は、Chromebookのグーグルドキュメントで編集→Wordファイルに変換→納品。

 以上のやり方で特に問題はありませんでした。

 

 少し手間がかかりますが、WordもExcelもグーグルドキュメントやグーグルスプレットシードで十分に代用することができます。

 

・ネットが繋がっていないとほぼ何もできない

 

 Chromebookは、ブラウザ上で基本的に動くのでネットに繋がっていないと、できることがかなり限定されます。

 カフェでChromebookを使用したい場合は、モバイルルーターなどは必須です。

 

・動画編集などの専門的な作業は向いていない

 

 ChromebookはPC初心者や、とりあえずネットに繋がればいい人向けです。

 よって、動画編集などの専門的な作業。あるいはSteamで3Dゲームをする予定のある人には向いていません。

 特にゲームに関しては、OSが違いすぎて対応するかどうかも分かりません。(Androidアプリゲームは例外ですが・・・)

 

・大型店舗にも実機が置いてない

 

 Chromebookアメリカのグーグルで開発されたので、日本にはまだ流通が少ないです。日本の大型店舗(ビックカメラとかヨドバシ)でも、実機を置いてある場所は少ないです。

 

 ちなみに僕は千葉住みですが、3店舗回りました。結果、一店舗もChromebookは置いてありませんでした・・・。

 都内でも実機を置いてある店舗は限定的であり、秋葉原や池袋などの都心ではないと実機は置いてないようです。

 よって、買うところは基本的にAmazonなどのネットショップからになります。

 

メリット・デメリットまとめ

 

メリット
 ・基本的にブラウザですべて動くので、起動も動作が速い!
 ・初期設定めっちゃ楽
 ・セキュリティソフトはいらず、常に最新のセキュリティ
 ・Andoridアプリが使用可能
 ・「安い・快適・安定」

 

デメリット
 ・ネットに繋がっていないと不便
 ・WindowsMacのソフトが使えない
 ・実機置いてある店舗少なすぎ
 ・動画編集などの専門的な作業は向いていない


 以上の点を踏まえて、どのような層にChromebookはおすすめなのかまとめてみました。▼▼▼

 

 こんな人におすすめ!Chromebook(クロームブック)
 ・とりあえずネットに繋がる安いPCが欲しい!
 ・文章を書くのに適したPCが欲しい!(ライター、ブロガー向け)
 ・安くて使いやすいPCが欲しい
 ・面倒な設定がないPCが欲しい

 

 こんな人には向いていないかも・・・
 ・動画編集とか漫画書く人(クリエイター系)
 ・Steamでオンラインゲームとか3Dゲームを遊ぼうとしている人

 

以上となります。

 

 自分は「ASUS Chromebook Flip C101PA 」を買いました。
 Chromebook ではスタンダードなPCで、非常に使いやすいです。

 

 

 「ASUS Chromebook Flip C101PA 」の基本スペック▼

  • OS:Chrome OS
  • キーボード:78キー日本語キーボード ■CPU:OP1 Hexa-core (Dual A72, Quad A53) 2.0GHz
  • メモリ:標準 4GB (LPDDR3-1866) / ストレージ:eMMC 16GB
  • 画面サイズ:10.1型ワイドTFTカラー液晶 / グレア / 1,280×800ドット (WXGA)
  • バッテリー駆動時間:約9時間 / 充電時間:約2.6時間
  • サイズ:幅262.8mm×奥行き182.4mm×高さ15.6mm / 重量: 約0.9Kg
  • 通信機能:無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac、Blutooth:4.0

 (Amazonより引用)

 

 デスクトップ用もありますので、自分に合った機種を選びましょう。
 画面が大きいのは値段も上がりますので、注意してください。


 ぜひ、Chromebookで快適なPCをライフを満喫してくださいね。

 

 今回は以上です。

 それでは、また。

 

年末年始におすすめ!2018年タコヤキが読んで面白かった本をジャンルごとに紹介。

 

 どうも、タコヤキです。
 今年も残りわずかとなりました。
 ライターの仕事もひとまずほぼ終了したので、ゆっくりブログでも書きます。

 

 っていうか、全然ブログ書く時間なかったです。
 はい。ライターの方に集中していました。

 

 とりあえず、2018年自分が読んで面白かった本の紹介です。
 年末暇だ〜っていう方はぜひ読んでみてください。


小説

①人間臨終図鑑 著者:山田風太郎

 いきなり小説と呼ぶかどうかは怪しい本。

 歴史上の人物の死に際を図鑑のように書いた本です。全部で4巻あります。

 怖い本かと思ったら、とんでもない魔力を秘めて面白くずっと読んでいられるような本でした。その面白さは今年の中でも飛び抜けていた。人生ベストいくつかに間違いなく入る。

 自分の人生を改めて考えさせるような本です。死を意識してみましょう。

 

感想はこちらから▼

www.takoyaki-blog.com

 

②わたしを離さないで  著者:カズオ・イシグロ

 正当な小説として今年読んで一番面白いと感じた小説。

 「新世界より」とかが好きな人はどはまりすると思う。

 きれいな風景とグロテスクな社会構造が作り上げる世界観は圧巻。

 登場人物たちの必死さや切なさもいい感じ。SF小説好きなら読むべき。

 

感想はこちらから▼

www.takoyaki-blog.com

 

鴨川ホルモー 著者:万城目学

 京都を舞台にした大学生の青春小説。

 めちゃくちゃ読みやすく、ストレスを感じさせない。

 ギャグも豊富で読んでる最中思わず笑っちゃうような小説。

「四畳半神話体系」とか好きな人は絶対にハマると思う。

 年末一気に小説を読みたい!って人はぜひこの1冊的な作品。

 

感想はこちらから▼

www.takoyaki-blog.com

希望の国エクソダス 著者:村上龍

 随分昔の小説だけど、今だからこそ読んでほしい小説。2,000年に発表されたものとは思えない。

 子供たちが大人の体たらくに絶望して、新しい国を作り上げていく話。

 今年話題になった仮想通貨的なものも登場する。今読むと少し現実感があるところがたまらなく面白い。

 「この国には何でもある。だが、希望だけがない」はあまりにも有名なセリフ。

 今だから読んでほしい小説の代表格。ちなみにCAMPFIREの家入さんも推してた。

 kindle版はないので、ご注意を

 

 感想はこちらから▼

www.takoyaki-blog.com

 

 

⑤プレーンソング 著者:保坂和志

 年末ゆっくりしたいわ〜。ってい人向けの小説。

 特に何かめぼしいような事件やストーリーがあるわけでなく、猫と仲間とともに日常を謳歌しているようなのんびりしてて、綺麗な作品。

 一息つきたい。ほんのりしたい。

 そんな人におすすめな小説。

 

感想はこちらから▼

www.takoyaki-blog.com

 

 

自己啓発系、ビジネス書系

 

①AIとBIはいかに人間を変えるか 著者:波頭亮

 何かと話題となったAI(人工知能)とBI(ベーシックインカム)がわかりやすく書いてある本。

 現状の社会保障の問題点や、人工知能が活躍する社会での格差固定の問題とかも書いいてあってBIに移行することの重要性がよくわかります。

 ちょっと今は下火だけど、個人的にBIの思想は少なからず多くの人が望んでいる気がする。BIの議論は今のうちにもっとするべき。

 でもBIよくわかんね。っていう人にはぜひ読んで貰いたい一冊。

 もっとBIの考えが浸透したらいいなと思い、1位にしました。

 

感想こちらから▼

www.takoyaki-blog.com

 

②マーケット感覚を身に着けよう 著者:ちきりん

 

 人気社会派ブロガー、ちきりんさんの書。

 結構前に出版された本だけど、するどい理論と切り口にただただ感服。俺が感服とか書いてる次点で失礼なレベル。

 市場化の競争が加速する中で、自分はどの市場を選ぶのかという重要性を説いている。簡単にいえば、自分はどこで価値を出せるか、そもそも何が価値なのか。

 強い人向けの本かと思いきや、弱者ほど生存するために読むべき本です。マーケット感覚は、これからの時代にかなり役立つと思います。

 

感想こちらから▼

www.takoyaki-blog.com

 

③日本再興戦略 著者:落合陽一

 話題の科学者。落合陽一さんの本。

 もともとガチガチの理系なのに、テクノロジー現代社会をうまく合わせるだけでなく、日本人の風習やDNA、文化なども包括した上の未来予想はただただ飲み込まれる。

 これで専門分野の書や論文があって実績もあるので、マジで恐ろしい人だなと思う。

 次世代の働き方のヒントにもなるはずなので、読んで損はないはず。実際かなり面白かった。

 難しい言葉がちょっと多いけど、脚注いっぱいあるので読みやすいです。

 

④お金2.0 著者:佐藤航陽

 タイムバンクを発表した、株式会社メタップスの社長。佐藤さんの本。

 2018年話題となった仮想通貨を通して、貨幣の未来を書いた本。

 経済の民主化が自分的にバズワード

 日本円だけでなく、個人や企業が発行できるお金と経済圏はまさに経済の民主化。この本の通りに行けば、僕らは様々な経済圏をいったりきたりでき、日本円で困っても他の経済圏に渡れるかもしれない。

 この経済の民主化を物語化しているものが、上記に紹介した「希望の国エクソダス」なので、両方合わせて読むとより面白いです。

 

*今ならAmazonprimeで無料で読めちゃいます。なにこれすごい。 ▼

 

⑤なめらかなお金がめぐる社会 著者:家入一真

 クラウドファンディングやpolcaなどの投げ銭アプリで有名なCAMPFIREの社長家入さんの本。

 「お金2.0」に近いものを感じるけど、家入さんは困っている人やチャレンジするための資金をよりスピーディに渡せるようなものを目指している気がする。

 お金が滑らかに動いたことで、起きた実際の事例もあって馴染みやすく理解しやすい

 お金2.0の現実的な第一歩という印象をもった。

 あと、phaさんとの対談も面白いです。

 

 今年は仮想通貨、AI、BIとお金に関する話が多かったので、お金に関する本が多いですね。生活費稼がなくても生きていける世の中はよ。

 

個別感想はなく、こっちにまとめてました▼

www.takoyaki-blog.com

 

エッセイ系、その他

①なるべく働きたくない人へのお金の話 著者:大原扁理

 20代で隠居生活を営んでいる大原さんのお金に関する本。

 投資や稼ぐといったものではなく、お金との向き合いかたや扱い方を書いている本です。たくさん稼がなくてもお金とうまくつきあっていけば、楽しく生きられる。そんな風に思わせてくれるような本でした。

 一番面白かったのはお金の擬人化の話。お金を雑に扱っていれば、お金から嫌われるみたいな話は非常に面白かったです。

 うまく稼げない、働けない人ほどお金とはしっかり向き合うべきです。

 ぜひお金に悩んでいる人は読んでみてください。

 

感想はこちら▼

www.takoyaki-blog.com

 

発達障害の僕が「食える人」に変わった仕事術 著者:借金玉

 ツイッターで話題を集めている借金玉さんの本。

 著者の経験談が凄まじく、めちゃくちゃ引き込まれました。

 仕事が苦手。会社が苦手な人のための本向けなのですが、「会社辞めて好き勝手生きようぜ!」みたいな内容ではなく、現実社会でなんとか「やっていく」メソッドが書かれています。

 発達障害の方はもちろんのこと、会社苦手な人でも参考になる本であるはず。

 会社苦手だし嫌だけど、なんとかしていきたいと思っている方はぜひ読んでみてほしいです。やっていきましょう。

 

感想はこちら▼

www.takoyaki-blog.com

 

③脱ニート完全マニュアル 著者:地雷屋

 元ニートの地雷屋さんの本。

 脱ニートとか俺には関係ねー。って思っている人でも十分に人生で役立つことが書かれています。

 特にニートになると自分をせめて、失敗し、また自分をせめるという悪循環が発生しがち。そこで自分をとにかく大切に、今日は部屋からでれただけでも自分を褒めて、遅くてもとにかく前進していればいい。というのには、激しく同意しました。

 自分をせめがちな人におすすめの本です。就職活動で苦戦している学生とか読んでみてほしい。

 

Kindle本はありませんので、注意。アマゾンだと、値段が安い時と高い時があります。

 

感想はこちら▼

www.takoyaki-blog.com

  

④手ぶらで生きる 著者:ミニマリストしぶ

 

 テレビにも出たミニマリストしぶさんが出版した本です。

 ミニマリスとのエッセンスが凝縮された本になっています。

 本自体も読みやすく、一気に読むことができるのでおすすめ。

 ミニマリストの本質は強調。好きな時間への選択と集中など、ミニマリズムを根幹としたエッセンスは生活する上で非常に役立つはず。

 モノ片付けたいな〜。っという人はとりあえず、手にとってよんでみては。

 

感想はこちら▼

www.takoyaki-blog.com

 

⑤ペンギンの国、クジャク 

 最後はちょっと変わった本。絵本のようなビジネス本です。

 会社や学校で息苦しさを感じている人には、絶対に読んだほうがいい一冊。

 絵本ですが、これからの時代をより良く生き、自分なりの幸せをつかむきっかけとなるような本です。

 小学生から大人までおすすめできる変わった本。

 

 Kindle版はありませんが、Audible版で無料体験できます。Audibleは本を音声で楽しむことができるサービスです。今なら無料で体験することができます。

 通勤の時に音声で聞いてみてはどうでしょうか。▼

 

感想はこちらから▼

www.takoyaki-blog.com

 

 

以上となります。

年末年始はゆっくり本でも読みたいという方は参考になったら幸いです。

では、良いお年を。

 

 

 

 

 

【書評】ちきりんさん「マーケット感覚を身に着けよう」は現代を幸せに生きるのに必須の力である

 

f:id:takoyakitanosiku:20181209124649j:plain

 どうも、タコヤキです。

 今回の書評はちきりんさんの「マーケット感覚を身に着けよう」です。

 

 ニートの人でもサラリーマンの方でも、これからの時代を生きていく人たちには絶対に読むべき本です。

 仕事を決めるにも参考となりますし、今後の人生でも大切になるであろうことが書かれています。

 難しい専門的なマーケティングの話ではないため、ぜひ読んでみてください。

 

 ちなみに、ちきりんさんは日本で最もの人気のブログを書いている社会派ブロガーさんです。ちきりんさんはどんな方から知りたい方はこちらからどうぞ。▼(wikipedia より)

ちきりん - Wikipedia

 

こんな人におすすめな本

・これから就職活動や進路を始める学生

・転職を希望している人

・全日本人

 

スキルよりも「マーケット感覚」という力

 

 この本のタイトルとなっている「マーケット感覚」。これは一体何なのか。

 簡単に言えば、「市場を見極める力であり価値を見極める力」だと僕は思います。

 僕の解釈ですが、彼女を探しているA君を例にして説明してみます。


 A君をどの環境に置けば彼女ができるのか。

 例:A君はキモオタで年収と学歴は平均的の場合

 

 合コン→不利すぎ。イケメンや外交的な人が多い。顔重視?。平均的なスペックもそこまで評価されないかも?

 

 オタサー→似たような趣味。平均的なのも安心材料になり得る。

 

 A君はどっちの環境でがんばった方が彼女ができやすいでしょうか。

 ほとんどの人はオタサーの方が彼女できるんじゃないの?って思いますよね。

 これは市場2つの市場である「合コン」と「オタサー」じゃ価値があるものが違ってくるのです。

 

 合コンでは街で遊び慣れているような人が強いですけど、オタサーだったら似たような趣味がある人の方が強い。つまり価値が高いということ。オタサーという環境(マーケット)の方がA君の価値は発揮されやすいということです。

 

 ここで重要となるのは、この市場がどのような価値を求めているか?ということです。マーケットではこの価値を強く求められます。A君がオタサーというマーケットで彼女を作るのに求められるのは、A君のプロフィール、材料が重要です。

 

 ・どの材料をマーケットは重視しているのか?

 ・材料の価値の大きさはどのくらいか?


 上記のような判断を主観と客観の両面で捉えていくのが「マーケット感覚」です。

 自分にあった、価値が出るフィールドの選択。マーケット感覚をそれらを見極める力だと思います。

 

 もし自分の価値が評価される市場に身を置けば、自身の元のスペックより大きく評価される可能性があります。

 或いは元のスペックを引き上げる。反対に他のマーケットだと元のスペックよりも評価がが下がってしまう可能性も!


どうすればマーケット感覚を鍛えられるのか

 

 結論から言えば、家の中からでも始められると思います。

 例えばSNSで家事に関するちょっとした情報や、個人の生活と紐付いたリアルな経験を発信して人気になり、収入に繋がった例はたくさんあります。

 これは、大きな組織では捉えられない個人の緻密でリアルな経験がネットで見える化したからです。

 企業では捉えられなかった、人々が欲していた小さな問題などの解決作が個人のSNSやブログで見える化されたので、価値が生まれ市場が形成されたのです。

 

 このようにSNSでフォロワーを集めたりするのも、マーケット感覚を鍛えることはできると思います。この場合、お金のことはひとまず置いといて嘘をつかずに誠実にやるのが良いです。信頼性が一番重要となるので。

 

家族に商売をしてみては?

 

 これは自分の経験ですが、家族に商売をしてみるのもいいです。
 なぜならニーズも聞きやすく、手軽だから。
 お金に関しても考えなくてもいいのも魅力。

 フィードバックがすぐに貰えるのもでかい。

 

例:ITが苦手な両親

 

 機能が高く、扱うの手順が複雑だとITが苦手な人には扱い辛い。あまり使わなくなるかも。そういうITが苦手な人で実際に使っていて信頼のおける人物に教えてもらいたいというニーズがあります。

 

 この場合ですと、欲しているものの材料は、

 ・面倒な機能がないもの。
 ・シンプルで導入コストが少ない。
 ・見やすさと扱いやすさ

 これらをクリアしたような商品を選ぶと、価値が高いですよね。

 

 さらにはそれらの商品を与える人は、信頼性のおける人に紹介されたいという欲求が両親にはあります。

 そんな小さな市場で価値がでる人は、普段からスマホを触っている息子です。息子が勧めた手軽なIT商品はソフトバンクの営業が勧めた商品より価値が高いのです。

 

 このような小さな市場が身近にたくさんあります。

 

弱い者ほどマーケット感覚を鍛えるべき。

 

 グローバルなマーケットだと強者が強いが、ローカルだと弱い者ほど強くなることがあります。小さな悩みをグローバルや大手企業は積極的解決出来きず、手が回らないです。

 

 先程の例のように、ITが苦手な両親に最適な物を選んであげられるのは、ソフトバンクのアドバイザーよりも両親といつもいる息子。

 両親が何に困っているのか、1番把握できるのは普段一緒にいる息子ですよね。

 上記のような小さな人間関係、家族、SNS、友人関係で実験していく。そうすると、信用が貯まり市場が大きければ仕事にもつながります。信用で生存率も高まるはず。

 

 ネットとSNSで繋がった時代は、このような小さな市場から生まれるものが多くあるはずです。そしてそれは、大企業よりも弱い個人が見つけやすい。

 正社員や年功序列が崩壊した今、弱い者ほどマーケット感覚を鍛えていくべきだと思います。

 

マーケット感覚を鍛えた先へ

 

 マーケット感覚を鍛え、自分がどのマーケットでベストなのかを突き詰めていく。

 これらを繰り返すと、その人のベストな人生に近づきます。人生をより良くするにはこのマーケット感覚が必要だと僕は思う。

 

 要は、、、
 「自分はどこが1番生きやすく幸せに感じられるのかー。」
 ってこと。

 

 その人が1番価値を発揮できる場所を見つけてそこで活躍して貰えば、社会的にも1番良いしその人にとってもベターな形です。

 そうのような自分の価値を発揮できるような場所に置かれていけば全体の幸福度も高くなるのではないでしょうか。

 

 マーケット感覚はお金を稼ぐよりも重要な、「幸せになる力」にもなり得ると僕は思います。だから僕はこの本をこれからを生きる多くの日本人に読んでもらいたいです。

 ぜひ、ちきりんさんのマーケット感覚の本読んでみてください。