読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンタメを分かち合うタコヤキ

エンタメ全般、楽しく生きる方法をシェアしていくブログ。

スポンサードリンク

映画「8mm」感想!緊迫感が半端なく、悲劇的な事件!(注意!ネタバレあり)

 

ネットフリックスで映画漬けな日々を

 

 

こんにちは、タコヤキです。

 

今日はNetflixでみた、映画「8mm」の感想です!
1999年の映画です。結構古いです。
(ネタバレも含みますので注意してさい!)

 

監督はジョエル・シューマッカ
主演はニコラス・ケイジ
ジャンルはサスペンス

 

 

死んだ富豪の金庫から、少女がマスク姿の大男に切り刻まれて殺害されるシーンを撮影したスナッフフィルムが発見される。確かな腕と評判の探偵ウェルズは、富豪の未亡人からの依頼で、そのフィルムの真偽について調査を開始する。ア○ルトショップで働き、アンダーグラウンドポ○ノにも詳しいマックスの力を借りて、ウェルズはついにフィルムの人物の正体を突き止める。そのフィルムが撮影された背景には、意外な真実が隠されていた。
wikipediaより抜粋ー

 

 

 

いや、これ一言で言うとね、、、


マジ鬱。


だってこれ誰も救われていないんだもん、、、

悲劇を確認して罰を与える話だもん、、、

しかも依頼引き受けなかったらよかっただけだもん、、、

おまけに事件の発端の人物すでに死んでるもん、、、

 


憂鬱で不快な映画が好きではない人は決して見てはいけません!(Vガンダム富野風)

 

おまけに変なところばっかが舞台だもん、、、
怖いし、普通の人にとっては気持ち悪い場所だし、不快なシーン多いし、、、
話的にもえげつないですしね。裏社会の恐ろしさを体験できます。

でも脚本的にはよくできてるんじゃないのかなと思います。

ニコラスの鬼気迫る演技もすごい。

あんまし飽きる時間が少なかったです。サスペンス的にはすごく面白い。後半はどうなるのかすごく気になるし。オチも中々予想できない。
あと、真相に迫っていく緊迫感がすごい。突き詰めれば突き詰めるほど、舞台も怪しくなっていき、日常が失われていく感。ラスト付近のカタルシス的なものもグッド。

 

どちらかといえば面白い映画です。


・・・でもやっぱり鬱じゃー!(蹴り)

ということで、、、

「8mm」はこんな映画が好きな人にオススメ!


 
一番内容的に近いのはセブンですかね。
とにかく鬱です。サスペンス鬱。

見る人は注意してください。あとグロはないのでそこは安心してください。(笑)

 


次のNetflixは「LOOPER」を予定しています。

 


またブログ見て下さい!(Vガンシャクティ風)←これ気に入ったのでこれから使います(笑)

 

ーそれでは、また。