スポンサードリンク

少しSFが混ざった日常系短編集。冬目景「空中庭園の人々」感想!

 

 

 

どうも、囚われた屈辱は反撃の嚆矢のタコヤキです。

 

「羊の歌」、「イエスタデイを歌って」の作者、冬目景の短編集漫画「空中庭園の人々」を読みました。

 

なんでこの漫画読もうと思ったのかというと、、、

 

表紙がふつくしい・・・(8割)

 

あと、kindleでセールだったかたと、冬目景先生だったから。(2割)

という訳でその感想です。

 

良かったところ
・日常に不思議を混ぜたほのぼの系なので、読んでて和む。
・扉絵がふつくしい
・全体的に話がきれい

 

どんな人にオススメ?
・ホリックとか好きな人は、合うと思う。(主観)
・さくっと、ほのぼのしたい人。
冬目景先生が好きな人(僕はこれイエスタデイより好きです。)

 

逆にどんな人には勧められない?
・アクションとか派手なもの望んでいる人。
・宇宙人とか小人とか無理な人。


全体的に話が綺麗で、よくまとまっています。冬目景先生の絵も一役かって、なおクオリティの高い短編集となっています。


冬目景先生の短編集ははじめて読みましたけど、かなり良いところに入ると思います。
日常系とか好きな人には絶対にオススメできますよ。

 

個人的に一番好きな話は「夕闇古書市ですかね。古書に不思議体験とか、大好きです!この話はホリックが好きな人はかなりドンピシャだと断言します。
時点で好きなのが宇宙人と小人の話です。地味に二つの話がつながっているのが良かった。話の内容もほのぼのしてて、宇宙人も小人もなんだかおちゃめ。癒されます。

 

反対に微妙だなーと思ったのが、最期の「青密花」でした。
なんだかちょっと、やりすぎた感があります。そもそも僕がこの手の話があまり好きではないってこともありますが。好きな人には申し訳ないけど、これは微妙でした。

 

なんといっても、全体の雰囲気が良いですね。ほんとに冬目景先生は。
少し冬の寒くて、寂しい感じがこみあげてくるような風景が精彩で、そこに登場人物が少しだけ暖めてくれるみたいで好き。暖炉みたいな漫画です。

 

というわけで、電車などで暇している人はぜひ「空中庭園の人々」ぽちって、読んでみてください。


よくよく考えたら「空中庭園の人々」って、すごい神秘的なタイトルだ・・・。

ラピュタかなにかかよ。

 

今回は以上です。
ーそれでは、また。

 

冬目先生の名作っす。読むべし。読むべし。

メル・ギブソン監督の新作!「ハクソー・リッジ」感想!

 

Hacksaw Ridge [Blu-ray]

Hacksaw Ridge [Blu-ray]

 

 

どうも、黒く歪んだ今を、夢、理想に変えるタコヤキです。

 

ようやくメル・ギブソン監督の最新作の「ハクソー・リッジ」を見ました。
もうすこしで公開終了だったから、焦った・・・。

 

肝心の感想ですが、結論からズバリ申しましょう。
これはマジで大傑作です!!!

 

個人的には、戦争映画の代表作の1つである、スピルバーグの「プライベート・ライアン」より上。映画史にのっても良いレベルです。まじで。


良かったところ
・息がつまるような戦争シーン。
・主人公の信念と精神力のすごさ
・実話を元にしているところが映画全体に重みを増してる。

 

どんな人にオススメ?
プライベート・ライアンなどが好きな人。
・戦争映画においてのヒューマン系が好きな人。戦車とか戦闘機はほとんど登場しません。
・ドキュメントが好きな人。ラストが感慨深い。

 

(以下内容、若干ネタバレあり)


ハクソー・リッジは主人公が宗教的な理由と信念の理由で、銃を撃つことができません。
それなのに軍隊に入ったのは、衛生兵として戦おうと決心したから。
しかし、世の中そんなに甘くはない。
銃を撃つのは兵としてはほぼ絶対条件となるので、撃てませんはやはりダメ。
除隊を勧められますが、主人公は自分の信念を曲げません。
ですが、はやり軍隊なので、そのような人には暴力的な制裁が仲間から受けます。(連帯責任になるから)
しかし、ボコボコに殴られても主人公は信念を曲げないし、誰に殴られたのかも言わない。
そんな彼の態度が次第に認められ、見事衛生兵となります。

 

だが、戦場ははやり地獄。
ハクソー・リッジでの戦いは本物の地獄。
降り注ぐ銃弾、迫撃砲、機銃。
吹き飛ぶ手足や脳漿、はらわた。

 

この一連のシーンは個人的には「プライベート・ライアン」を完全に超えた。
凄惨なシーンだが、目を離すことが許されない。
戦争映画の一番の魔力を感じられた。

 

それでも自分の信念を曲げずに、兵士を助ける主人公。本当に正気ではないほどの精神力。
彼の戦いは長く続きました。
もはや主人公の中では敵である日本兵も関係ない。実際に日本兵も助けていました。
ただ1人でも多くの人を助けるという信念で戦場を駆け抜けていた。

 

映画のエピローグで実際の主人公の写真が登場し、70人以上の人間を助けたとありました。

 

この映画の肝は、「現実論と理想論の狭間での信念」だと僕は思っています。


主人公は決して武器を取りませんが、他の人にとっては現実的ではない。
いくら人殺しはダメだといっても、相手が自分や家族を殺しにきているなら武器をとる。それがおそらく現実でしょう。
しかし、この主人公は決して自分の信念を曲げることはありませんでした。
彼の強靭な精神力は軍隊でも戦争でも変える事ができなかった。

 

理想論でも現実論でもその人の信念は決して変えることなどできないー。
その人が一番強く思っていることは、何者にもきれいに変えることなどできない。

 

これが「ハクソー・リッジ」のメインテーマとなっていると僕は感じた。
本当に映画として非常に完成度が高い。

 

これは今の情報多過の時代の1つのメッセージにも聞こえます。
どれだけ情報が氾濫していても、自分の感じているもの、信じているものは、情報で変えられはしないだろ?、と。

 

ハクソー・リッジ」は戦争映画に留まらない、素晴らしい映画でした。
劇場で見れなかった方はぜひ、DVDでも何でもいいので、チェックしてみてください。超名作です。

 

今回は以上です。
ーそれでは、また。

SNSで個人の時代にはなっていくけど、個人の信者も増え続けている。

 

どうも、言葉にできないことは無理にしないことにしたタコヤキです。

 

雑記になって申し訳ないんですが、最近SNS見てて、思うんですよ。

 

個人の時代とはいえど、ほとんどが個人の信者だなァ、と。


どうゆうこっちゃっていいますと、
いわゆるインフルエンサーっていう人達がいますよね?

ホリエモンさん」とか「落合陽一」さんとか、「イケダハヤト」さんとか。

 

発言も鋭いし、やっていることもすごいし、稼いでるし、行動力あるし、頭いいし、みたいな人。んで、なにかSNS上で発言すると影響力をもたらすような人たち。

 

こういう人たちってtwitterのフォロワーとか半端ないじゃないですか。
なんかコメントする度に、「いいね!」やコメントが大量についています。
「おはようございます」とかで「いいね!」ついてるとかどうゆうことwwって感じ。

 

しかし、こういうコメント欄を見ていて思うのが信者がすごい多いなァと思うんですよね。


僕の周りにもそういう人いますけど、本当に落合さんが出している本は片っ端から読んだり、発言も落合さんっぽくなったり、言っていることも落合さんと同じようなことだったり。

 

僕の経験上だけど、こういう人達って、マジで自分の意見を言ってない印象がある。

 

僕の独断と偏見によりますけど、こういう人達って、頭の良い人の意見に同調して、その意見を知らない人や同調できない人を見下したいだけか、自分も近い立場に立っていると錯覚しているかのどちらかにしか見えないんですよ。

 

これって、かなり宗教的だなァって思う。


自分の信じたいものしか、スマホで見なくなって、個人の信者が増える。
んで、同調できない人とかを論理でねじ伏せる。しかもその論理は借り物。

 

もちろんそうでない人もいるけど、どちらかといえば信者みたいな人が多い印象をうける。twitterみてると。


個人がすごい影響をもたらす時代にはなっているけど、その影響で信者となっている人が増えているほうが、割合的には高いのではないか?

 

しかし、そういう人達って案外それで幸福ですから、僕が口を挟んで「それではダメだ!」というのは違う。


ぞれでも何かに信仰するってことは、盲目になりやすい。

この情報過剰社会、個人の脳で判断するのはなんとも難しい。

もしかしたらほとんどの人は自分の頭で判断するのを本能的に嫌がっているのかもしれない。インフルエンサーになれる人は限られてるのかも。

 

そんなことを思ったりした、休日でした。

今回は以上です。

ーそれでは、また。

エイリアン?ダイニエル・エスピノーサ監督、SFホラー「ライフ」感想!

 

久しぶりに中の人が映画館に行ったみたい。

忙しかったらしいですね。ニートのくせに。

それはさておき、この映画俺も見たかったんです。

シンも映画見るんだね。

ルナと一緒ですけどね。

ケッ

 

 

どうも、夢中になれる日々がきっと幸せのタコヤキです。

 

気になっていた映画を昨日見に行きました。
やっぱりレイトの映画館っていいですわ。

 

んで、みた映画はこれです。
「ライフ」   監督:ダニエル・エスピノーサ

 

f:id:takoyakitanosiku:20170715131106j:plain

 

物語は火星で見つけた細胞レベルの地球外生命体を保護し、その生命体が暴れだします。
エイリアンと似ていますね。
パクリなのか?といわれると、そんなことはありません!
斬新なところのほうがむしろ多いです。

 

*ネタバレなしなんで、安心して下にいってくださいな。

 

ズバリみどころは?
①細胞から徐々に進化していく生命体が斬新!
②終始緊張感が漂う、密室SFホラー!見ていて飽きない。
③オチが意外すぎて、ええぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!ってなる。マジで。
④エイリアンより絶望感がすごい。

 

どんな映画が好きな人にオススメ?
①エイリアンシリーズ
遊星からの物体Xジョン・カーペンター版)

 


完全にノーマークだったし、良作だったので、非常に楽しめました。
びっくりしたことに日本人俳優の真田広之が出演していたことも驚きました。

 

映画自体は本当によくできていたと思います。
終始緊張感があって、見ていて飽きませんし、敵である地球外生命体がどのように進化していくのかも面白いところです。生体として全然分かっていないんで、何をやれば死ぬのか、人類的にはどれほど脅威なのか検討がつかないところも良かったです。それでめちゃくちゃ優秀なISSのクルーが、直感的に「こいつは危険だ。」と、肌で感じるところが画面越しにしっかり伝わってくるのが良かった。

 

密室なんで絶望感や閉塞感がすごいです。逃げ場がない。
しかも敵がどこから襲ってくるのか分からない。
怖すぎ。

 

しかし、なんといっても注目するところはラストのオチ!
あれは本当に読めなかった!
エンドロール中、口ぽかーんってなりましたもんwwww
この展開を読める人なんていないんじゃないかなァ・・・
これはネタバレせずに、ぜひ映画館で見て欲しいところです。マジで、びっくりすると思いますよ。

 

気になるところはタイトルの「ライフ」ですね。何故、ライフにしたんだろう。
多分生命体っていう意味なんでしょうけど、人類との関わりとしてはどのような意味をもつのかということを考えると、すぐに答えはでないです。

 

エイリアンシリーズが好きな人には超オススメです!
ぜひ、劇場に足を運んでください。

 

今回は以上です。
ーそれでは、また!

元ニートのphaさんの新刊!「ひきこまらない」を読んだ感想!

 

 

ひきこもらない (幻冬舎単行本)

ひきこもらない (幻冬舎単行本)

 

 

どうも、ありきたりな僕の日々を壊してほしいタコヤキです。

 

ようやくphaさんの新刊を読み終えました!
今回は街で遊ぶエッセイ&日常みたいな感じですね。読んでいてほのぼのしました。
少し、前にはザノンフィクションでphaさんがでていました。

 

www.takoyaki-blog.com

 

現在セール中なのでぽちりました。


面白かったとこ、ざっくり3点


①サウナのくだりがマジで面白い。思わず翌日行ってしまったほど。
②お金をかけないで、街で遊ぶ方法が脱帽。
③全体的にゆる~い感じの文体で読んでて和みます。

 

 

どんな人にオススメ?


万人に勧められます!引きこもり限定とか、そんな感じじゃありません!
ニートっていうか、街の遊び方みたいな感じです。

 

それにしてもサウナのくだりマジ面白い。
これだけで、読んでよかったなと思いました。

 

サウナって僕もけっこう好きで、近くのスーパー銭湯とか月1で行きます。
そこで何も考えず、汗を流してぐったりしているのが、なんともいえないけど、たまらなく気持ちいいです。

 

僕はよく悩み事があって、考え事したいな、と思ってサウナに入ります。しかし、これが見事に何も考えられなくなる。結局、サウナを堪能した後は、何にあんなに悩んでいたのか分からくなってしまう。
しかし、気分はスッキリしているし、なんだか身体も軽くなった気がする。肩こりや腰の痛みも、心なしが和らいだかも?
悩みに関しては、実はそこまで深く考えなくてもよかったことなのかもしれない。
悩みの半分くらいは案外どうでもいいことだったりする。
サウナって裸で入るから、体の老廃物だけではなく、心の老廃物も落としてくれるのかもしれません。

 

僕のサウナ観はそんな感じなのですが、phaさんはまた、違った考えで面白い。
風呂って奥が深いんですよ・・・。(マジで)

 

牛丼毎日食べたいっていうのも共感しました。
みなさん牛丼はどこ派ですか?
僕は松屋派です。味噌汁ついてくるから。あとなんか変なタレいっぱいあるから。
よく会社通いの頃に、夜映画館行こうってなった時に必ずといっていいほど利用していました。
手軽だし、慣れた味が毎回食べれるというのが、本当に心地よいです。
豪華なランチを食べるより、松屋の牛丼食べているほうが、落ち着くんです。
味のふるさとって感じ。

 

そんな街の日常を違った視線phaさんは書いているので、読んでで落ち着きます。
ああー、そうだなー、それはあるなー。みたいな。
普段何気なく利用しているものも、考え方ひとつでとても素敵なものに感じることもあります。


そんなことがゆるく伝わってきて、とても面白い本でした。
興味がある人はぜひ、読んでみてください。

 

こちらもセール中なのでどうぞ!

今回は以上です。
ーそれでは、また。

鬱病のリアルがわかる。ツレがうつになりましてを読んだ感想。

 

どうも、赤い薔薇の花を部屋中にいっぱい敷き詰めるタコヤキです。

kindleでセールをやっていて、気になった本があったのでぽちりました。

 

それが、これ。

ツレがうつになりまして

 


この本を読んで良かったなと思ったこと。
①漫画形式なのでとても分かりやすい。
鬱病の理解が深まる。
③鬱の人にどんな風に接すればいいか、自分がなりかけたらどうすればいいのかが、想像しやすい。

 

鬱病になった人がどんな感じになってしまうのか?
その時、どのように接してあげればよいのか?
鬱病ってどんな病気か?

 

これらのことが漫画を通して、分かりやすく描かれてます。
絵は可愛い感じだし、笑いもあるんだけど、とても考えさせますよ。

 

どんな人にオススメ?
→ズバリ、鬱病をよく知らない人!

 

この本を僕が今回紹介するのは、単に面白いとか勉強になるとかじゃなくて、鬱病っていう病気の理解が広まってほしいな、と思ったから。

 

精神に関する病気って、世間的には理解が薄いです。
だから鬱は甘えっていう人が一定数います。
しかし、この本を読めば分かりますが、鬱病って誰にでもなる可能性があるし、1人ではどうしようもないものです。

鬱病は甘えているなんて声高らかにいっても、本当に苦しんでいる患者の人はもちろん辛いし、世間がそんな感じだと治るものも治りにくい。

それになんだか息苦しいですよね。

 

よく分からずに鬱病は精神的なものだと、決めつけて否定するのは良くないことです。しかし、今まで世間で知られていなかった病気とかって、偏見や理解が浅くて、患者に不当な当たり方をしたり、自己責任を押し付けることが多いです。

エイズとかもそうですよね。肌に触れたりするだけでは絶対感染しないのに、周りの理解が浅くて、迫害とかされたり・・・。人間であるため、絶対に感染しないなんて保障はありません。

 

鬱病も同じで誰にでも発病する可能性があるし、本人の精神力が弱いとかいう問題ではありません。この本を読んでみると本当にそう思います。

 

しかし、あなたも鬱病になるかもしれない。
自分がもし鬱病になったら、、、と想像して見てください。

鬱病が理解されている社会の方が良いなってなりませんか?

一概に否定するなんて考えはできないはずです。

 

そのキッカケとなる本ですので、ぜひ一読してみてください。今ならセール中です。

それにしてもこの本のツレのように真面目で特に悪いこともしていないような人が働いて、精神的に病んでしまうって、なんだかなぁと思います。

 

今回は以上です。
-それでは、また。

ゲーム時系列一言感想日記 第三次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 最終章

 

長かったスパロボZもいよいよ完結ですね。

ブログの中の人はスパロボZは、高校くらいの頃からやっていたから思い出深いらいしいよ。

へぇー。第三次もそうでしたけど、スパロボZはオリジナルキャラが濃いですよね。

そうだね。変態ときち○いと笑えるキャラがほとんどだった気がする。

確かに思い出深くもなりますね。

原作シナリオ改変も良かったね。僕らやギアスとか。

俺はこのゲームでかなり救われましたよ。

次回は僕が無双するシナリオがいいなー。

やめろ。

 


というわけで、第三次スーパーロボットZ 天国篇 最終章です。長かった!
原作シナリオはほとんど完結し、残りはオリジナルのシナリオを残すのみとなりました。
レベルも80を超えるキャラが出てきたあたり、本当に長かったなぁと思います。
それでは、どうぞ。ついに完結です!

 


ミカゲしつこすぎる。


地獄からそうだけど、何回ちょっかいだしてきてんだよ。何回黒アクエリオン倒せばいいんだよ・・・。

 

アクエリオン2作合体攻撃。アマタもアポロも覚醒持っているから、ずっとアクエリオンのターンが可能。チート。

 

マクロスF最終回。第二次で終わんなかったけ?

 

きのこ・・・。やっぱり小物。

 

ガルガンディアのラスボス大量生産されててワロタwwwwしかも、それなりに強い。

 

ランカ?知らんよ。

 

アルトバジュラ人間にならずに済む。結局シェリルと一緒です。
ランカルートもあるらしいけど、何だろう、特にやろうと思わない・・・。

 

トップを狙え最終回。ダイバスターに進化しました。改造してないからENすぐつきちゃう・・・。

 

ラルクさんその顔グラなんすか?鼻の穴見えちゃいますよ?

 

やっぱりお前裏切りものか。知ってたよ。
ピンクの髪している人間って碌なやつがいない。

ラクス・ハマーン「あぁん?」

 

まーた、面倒なSRポイント条件。天国篇は変わったSR取得条件が多いように感じます。

 

真化融合。強い。ここにきてこれは強すぎる。
敵がやわらかくなりました。

 

ボスのバーゲンセール。宇宙魔王もハーデスもズールも小物にしか見えない。
しかも攻撃があたると戦闘不能とか持っているから面倒。
でも宇宙魔王様の最期はよかったと思います。

 

変態再び。Zはこんなキャラしかいませんね。
みんなでとりあえず殴るシーンは笑いました。とりあえず衝撃波くりだす、タケルさんとかね。

 

うわさのドロップキックおじさんと決戦。弱すぎて草。ネタキャラですわ。

 

アサキムも濃いキャラでした。いよいよ決戦。
でも、ごめん。真化融合強すぎて、ふるぼっこです。

 

厨ニ病グリリバよ。安らかに
思えば長い付き合いだった・・・。

 

この時点でウイングにエンブレム装着させて、常時2回行動どいう馬鹿げた強さになりました。ずっとぐるぐるぶっ放しています。

 

自称神様との戦い。それにしてもこの神様精神年齢が低い・・・
それにしてもハマーン様デレすぎじゃね?

 

まさかのカミナ復活ww
宇宙とかどうでもよくなりました。

 

強化しまっくってているので、余裕でぼこる。神様なのにこの小物感はなんだ・・・

 

まさかのルルーシュさん大活躍。ここでギアスは読めなかった。
失敗したけどwww。死ぬ気だったらしいです。

 

ついにラスボス!自称神!

案外強くて、クロウが一撃死する。直感やりわすれた。

 

みんなから応援。ザンボット3のキャラが生き残っているところがちょっと泣けたりする。

 

アクエリオンを四回行動させたり、バスターマシンを3回行動させたりで自称神様をぼこぼこにする。なんだか申し訳なかった。
つーかこの神様口悪すぎだろww

 

ラスボス撃破!なんか良くわかんないけど、人間を認めるらしい。急に態度が豹変する。この神様キャラおかしい。

 

エンディング。刹那はメタル化する前にマリナに会いました。
メタル刹那はなしかっ!

ルルーシュのエピソードがちょっとうるってくる。
種はステラがいて満足。名実ともにシンが主人公になってます。
シモンも無事ニアと結婚。お幸せに。
EVAの空気ギスギスすぎて草wwwwww

 

ハマーン様が新しいジオンの総帥に!シャアが補佐www
でもこれ一番理想じゃね?主にハマーン様が。

 

そして無事、エンディング。

 

主人公?覚醒の精神タンクでしたが、何か?

 

END

 

という訳で無事完結となりました。
いやぁ、長い戦いでしたね。かなりのボリュームでした。
Zシリーズもついに完結です。
色んな作品が参戦していて面白かったです。初期Zのキャラもこんなにでるとは思いませんでした。
オリジナルキャラも変なのが多くて、思い出にいやでも残りました。

 

これにて第三次スパロボZ 天国篇 完結です。
今まで見てくれた方、ありがとうございました。
次回は今度こそゼルダの伝説 スカイウォードソードをプレイしていきたいと思います。冒頭のキラとシンも引き続き出演する予定です。他の記事でも出すかも。

 

今回は以上です。
ーそれでは、また。

 

第三次スパロボZ 天国篇 最初から

 

www.takoyaki-blog.com

 


前回の

 

www.takoyaki-blog.com